フィンランド語で様子をたずねる・答える/あいまいな答え方を好む文化のお話

fin-thumb
Update 語学 >

フィンランド語の復習メモです。相手に様子をたずねる表現(How are you? のような)と答え方を学習します。

キーフレーズ

Mitä kuuluu?
How are you?

ダイアログ「様子をたずねる」と単語

Liisa: Mitä kuuluu?

Helen: Kiitos hyvää. Entä itsellesi?

Liisa: Tässähän tämä menee. Miten koulussa menee?

Helen: Ihan hyvin.

単語 英訳
ihan totally, quite
hyvin well
kuulua to be heard
itse (one)self
miten how, what a
koulu school
mennä to go

ダイアログ英訳

Liisa: How are you?

Helen: I’m fine, thanks. And you?

Liisa: It’s going OK. How’s it going at school?

Helen: It’s going well.

単語に関する補足

kuulua(be heard, be audible)

動詞kuulla(英語のhear)と似ている動詞ですが、以下のようなちがいがあるそう。

  • kuullaは、「主語が(何らかの)音をきく」という意味
  • kuuluaは、音そのものが主語となる

要するに、kuullaは他動詞、kuuluaは自動詞ということなのだと理解しました。

Kalle kuulee jyrinää. (kuulla)
“Kalle hears a rumble.”

Kuuluu jyrinää. (kuulua)
“A rumble is heard.”

-han, -hän(強調を示す接尾辞)

フィンランド語には驚きや強調、質問などなどのニュアンスを示す接尾辞があります。

母音調和の規則に従い、接尾辞がくっつく単語によって、-han-hän どちらかを使うこととなります。

  • 単語に a, o, u が含まれる場合 … -han を使う
  • 単語に e, i, y, ä, ö が含まれる場合 … -hän を使う

Jussihan on tänään iloinen.
“I say, Jussi is quite happy today.”

Tämähän on hyvää!
“I say, this tastes great!”

母音調和については前回のレッスンで学習しました。

様子をたずねるフレーズと、答え方

Mitä kuuluu? (How are you?)

直訳するとWhat is heard? となりますが、意味としてはWhat’s new? やHow are you? といったかんじです。

答え方は次のようになります。

Kiitos hyvää. (I’m fine, thank you.)

よりポジティブな返事をするなら、oikein (英語のreally)を使って

Kiitos oikein hyvää.

としてもよいでしょう。

Tässähän tämä (menee). (It’s ok.)

特段何もないようなときの答え方(It’s ok.)。

Tässähän tämä menee. と長く答えてもいいですし、menee を除いて Tässähän tämä. でもいいです。

Tämä(英語のThis)は、このような場合、人全般、とか人がいる状態とか、そういった意味。

Tässä はtämä の活用のひとつで、英語のhear にあたります。それに強調のhän をつけたかたち。

Siinähän se (menee). (It’s ok.)

上の Tässä(英語のhear)がSiinä(英語のThere)に置き換わったフレーズ。意味は上と同じようなものだそうです。

Mikäs tässä. (It’s ok.)

これも、上ふたつのように、なんとなくOK、といったニュアンスの答え方。

No problem, I’m hanging in here. のような感覚だそう。

文法はともかく、ひとまずフレーズを覚えて、会話の中でたずねたり答えたりできるようになりましょう、とのこと。

Miten menee? (How is it going?)

ふたつめのたずねかたです。

このフレーズだけで先ほどの Mitä kuuluu? と同じように使う(How are you?)こともできますし、 Miten とmenee の間に場所などの単語を含めて、次のように使うこともできます。

Miten töissä menee?
How is it going at work?

Miten kotona menee?
How is it going at home?

これに対する答え方は次のようになります。

Kiitos hyvin. (It’s going well, thank you.)

先ほどの Kiitos hyvää. (I’m fine, thank you.)と似ていますが、hyvää の代わりにhyvin が使われています。

質問文のMiten が副詞なので、答えるときにも副詞のかたちhyvin にしなければならないから、だそうです。文法の解説は後日のレッスンにて、とのこと。

Ihan hyvin. (Quite ok.)

Ihan(英語のquite, totally)をつけることで、hyvinだけで答えるよりちょっとポジティブな意味あいになるそう。

Loistavasti! (Brilliantly!)

それほど頻繁に使われるフレーズではありませんが、すべてうまくいってるよ!というようなときに使うこともあるそう。

Tässähän tämä/siinähän se/mikäs tässä (It’s ok)

先ほども登場した答え方ですね。

Kuis hurisee? (What’s cookin’?)

友人どうしなど、カジュアルな場面でのみ使うフレーズです。直訳すると How is it buzzing?

Miten menee? (How is it going?)と似たニュアンスなので、同じ答え方が使えます。

あいまいな答え方を好む文化についてのお話

フィンランドの人たちはわりと答えをあいまいにする傾向がある、というお話。

昔から、周りに対して自身の幸せを誇ったり強調したりするのはあまり良いことでない、と考える風潮があるそうです。

ひかえめな言動がある種の美徳となる日本の風潮に近いものなのでしょうか。

今日学習したエピソード

FinnishPod101 Absolute Beginner S1 #5 How are you Doing in Finland?