フィンランド語の名詞の分格(代名詞や形容詞を伴う場合)の語尾変化と、ブルーベリーパイと、フィンランドの森

photo credit: madame.furie via photopin cc
photo credit: madame.furie via photopin cc
Update 語学 >

フィンランド語の復習メモです。代名詞や形容詞を伴う名詞の分格の語尾変化について学習します。

フィンランドで愛されているブルーベリーパイのことや、フィンランドの森についてのおはなしもありました。

キーフレーズ

Saisinko lisää sitä herkullista mustikkapiirakkaa?
May I have some more of that delicious blueberry pie?

ダイアログ(フィンランド語・英訳)と単語

Helen: Saisinko lisää sitä herkullista mustikkapiirakkaa?
Helen: May I have some more of that delicious blueberry pie?

Liisa: Totta kai. Ole hyvä.
Liisa: Certainly, here you are.

Helen: Kiitos.
Helen: Thank you.

Liisa: Otatko myös lisää vihreää teetä?
Liisa: Would you like some more green tea as well?

Helen: Ei kiitos, mutta saisinko mustaa kahvia?
Helen: No thanks, but could I have some black coffee, please?

単語 英訳
mustikkapiirakka blueberry pie
mustikka blueberry
vihreä green
lisää more
kahvi coffee
herkullinen delicious
totta kai of course, certainly
myös also
mutta but
musta black

単語に関する補足

美味しい!という表現

フィンランド語の挨拶についてのレッスンで学習したhyvä (good) を使ってもいいですし、もっと美味しければherkullinen (delicious) を使うといいそうです。

ブルーベリーパイ(Mustikkapiirakka)

Mustikkapiirakkaという単語は、ふたつの単語mustikka(blueberry) とpiirakka(pie) から構成されています。フィンランド語ではふたつ以上の単語をくっつけてひとつの単語として扱うことが珍しくありません、という説明。

それから、フィンランドのブルーベリーパイは、英語圏のひとたちが想像するものとは違うかもしれない、というお話がありました。

フィンランドでは上にパイ生地をかぶせることはあまりなく、平らなスポンジケーキにブルーベリーパイをたっぷり散りばめるのが一般的なのだそう。

日本の場合、上に生地がかぶさっているもの(あみあみにしたりとか)も、上には生地がなくて、フルーツがたっぷり敷き詰めてあるようなものも、どちらにも馴染みがありますよね。

あみあみ
blueberry pie english
photo credit: LinzersInLondon via photopin cc

あみあみなし
blueberry pie finnish 2
photo credit: Wurz via photopin cc

名詞の分格と代名詞・形容詞

以前学習した分格の用法と語尾変化の基本をふまえ、今回はもう少し複雑な文章を扱います。

フィンランド語の分格の用法・語尾変化と、母音調和(あとコーヒーのお話) | 10251

おさらい

以下のようなことを表現する際、フィンランド語の名詞は「分格」の形をとります。

  • 何かの一部
  • 素材、材料など
  • 動詞の目的語
  • 「どのようなものか」をあらわす

また、名詞の分格の語尾は語幹の末尾と母音調和によって決まります。

Tarvitsen suolaa.
I need some salt.

主格(salt)はsuola

上の例の場合、

  • suola (sugar) の*語幹*suola- の末尾がひとつの母音a- である
  • *後母音*a,o,u を含む単語である

ということから、分格の語尾は-a になりますので、suolaa と変化します。

主格形の語尾ではなく、語幹の語尾によって判断する、ということに注意してください。

代名詞や形容詞の語尾

分格となる名詞の前に代名詞や形容詞がある場合、それらの語尾も名詞と同じように変化します。

例を挙げます。

主格 tämä vihreä salaatti
語幹 tä- vihreä- salaatti-
英訳 this green salad

Otan vähän tä vihreää salaattia.
I’ll take a little of this green salad.

主格 kylmä musta kahvi
語幹 kylmä- musta- kahvi-
英訳 cold black coffee

Juon aamuisin kylmää mustaa kahvia.
I drink cold black coffee in the mornings.

ダイアログにも同様の分格が登場しています。

Saisinko lisää tuota herkullista mustikkapiirakkaa?
May I have some more of that delicious blueberry pie?

Otatko myös lisää vihreää teetä?
Would you like some more green tea as well?

Ei kiitos, mutta saisinko mustaa kahvia?
No thanks, but could I get some black coffee, please?

発音の長短

フィンランド語では長短を明確に発音する必要があります。

  • 長母音(aa, ää など)はa, ä と区別してしっかり長く伸ばします。
  • 長子音(tt のように同じ子音が重なっているもの)は、子音の前に「っ」を入れたような音。

音声教材での学習なので、日本語であらわすのは難しいですが…。

フィンランドの森とベリー摘みのおはなし(自然享受権のことも)

フィンランドの森には、ブルーベリー・こけもも・クランベリー・ラズベリー・クラウドベリーなどなど、野生のベリー類がたくさんあります。とっても豊かな森です、というおはなし。

フィンランドでは、植物や住居に危害をくわえない限り、自由に森に立ち入り、自由に果実やキノコなどをとることが認められています。自然享受権(Everyman’s Rights)という法的権利なのだそう。

なので、私有地に立ち入る際、特に所有者に許可を求める必要はありません、と説明がありましたが、ほんとに自由に入っちゃて怒られないのかな…?

そのような国ですから、多くのフィンランド人にとって、一年のハイライトといったらベリー摘みやキノコ狩りの季節なのです、というおはなしでした。

今日学習したエピソード

FinnishPod101 Absolute Beginner S1 #7 Let Me Have Some Delicious Finnish Blueberry Pie!