「クラブサンド指数」が世界一高い都市はスイス・ジュネーブ!では東京は?

photo credit: entitee via photopin cc
photo credit: entitee via photopin cc
Update ニュース >

オンラインホテル予約サイトのHotels.comが「クラブサンド指数」ランキングを発表しました。第1位はスイスのジュネーブ(約2870円)とのこと!

各国の通貨の購買力を比較するビックマック指数とはまた異なる面白い指標ですね。

世界の各都市ごと計30軒ずつの3つ星~5つ星ホテルを対象に、ルームサービスで提供する「3枚のパンにマヨネーズを塗り、ベーコン、チキン、レタス、トマトを挟んだ一般的なクラブサンド」の価格を調べ、各都市における平均価格を割り出して算出する。

2013年のクラブサンド指数ランキングによると、東京は第7位だそうです。

  1. スイス・ジュネーブ – 30.45ドル(約2872円)
  2. フランス・パリ – 27.45ドル(約2589円)
  3. ノルウェー・オスロ – 26.72ドル(約2520円)
  4. スウェーデン・ストックホルム – 23.12ドル(約2181円)
  5. デンマーク・コペンハーゲン – 22.33ドル(約2106円)
  6. イタリア・ローマ – 22.26ドル(約2100円)
  7. 東京 – 20.70ドル(約1952円)
  8. 英国・ロンドン – 20.65ドル(約1948円)
  9. オーストラリア・シドニー – 20.53ドル(約1936円)
  10. 香港 – 19.80ドル(約1867円)

このような実勢価格を知ることで、宿泊費や交通費以外の、海外旅行中にちょこちょこ使う金額の参考になりそうです。宿泊予約サイトならではの視点ですね。

とはいえ、3つ星以上のホテルで提供されるものとなると、各都市の人件費なんかもある程度は価格に影響しそうですので(東京はたぶん高いでしょう)、比較する商品によってはおそらくランキングもけっこう変動しますよね。ビックマック指数と同様、厳密な指数とは言えないものではあるけれど、イメージがしやすくて面白い調査結果だなあと思いました。

ところで、クラブサンドのようなボリュームのあるサンドイッチを食べたくなったらいつも、珈琲館ハウスサンドを食べに行きます。とっても美味しいのでおすすめなのです。