ScanSnap iX500で自炊!小説スキャンで画質・速度・サイズを比較

scansnap-books-001
Update

ScanSnap iX500で小説(文庫本とハードカバー)をさまざまな読み取りモードでスキャンし、画質・スキャン速度・ファイルサイズを比較してみました。

用意したもの

  • ScanSnap iX500
  • OLFA ロータリーカッターLL型
  • OLFA カッターマット A3サイズ
  • ふつうのカッター
  • シンワ アル助ゴム付(アルミ製の滑り止めつき定規)
  • 手袋
  • スキャンする本(文庫本・ハードカバー)

設定(小説の自炊用)

ScanSnap Managerの設定画面を開き、小説用の設定をします。

scansnap-books-2-000

「読み取りモード」タブを開きます。

scansnap-books-2-001

  • 画質を選択します。今回はすべての画質を試し、できあがったファイルを比較してみました(後述)。結論としては「ファイン」でいいかな、と思っています。
  • 小説なのでカラーモードは「白黒」です(漫画の場合はグレーにしています)。
  • 読み取り面はもちろん「両面読み取り」で。
  • 継続読み取り」にも必ずチェックを入れます。
  • その他はおこのみで。

なお「ファイル形式」はいつもPDF(検索可能なPDFにチェックを入れ、OCRを適用)です。

設定が終わったら、右上の「読み取り設定」から「新しい読み取り設定」を選びます。

scansnap-books-2-002

すきな名前をつけて、この設定を保存しておきます。

scansnap-books-2-003

保存しておくと、Dockのアイコンから呼び出せるこの簡易画面で、すぐに設定を変えることができます。とっても便利です。

scansnap-books-2-006

小説(文庫本)を裁断

scansnap-books-002

1.村上春樹著『カンガルー日和』を裁断していきます!

scansnap-books-003

2.まず、表紙カバーを外します。

scansnap-books-005

3.内側の分厚い表紙を外します。手でかんたんに外せます。

scansnap-books-006

4.外しました!

scansnap-books-008

5.中身を裂きます。はじめに手でぎゅーっと広げてから裂くと失敗(破れたりなど)が少なくなります。

scansnap-books-009

6.このように裂いていきます。

scansnap-books-011

7.あとちょっと!

scansnap-books-012

8.こんなかんじで、中身をみっつにわけました。

scansnap-books-014

9.のりしろから5mmくらいのところに定規をあてます。

scansnap-books-015

10.ロータリーカッターをあて、裁断していきます。

scansnap-books-017

11.ロータリーカッターはいそがずゆっくり往復させましょう!

scansnap-books-021

12.そうすれば細かなゴミもあまり出ず、このようにきれいに切れます。

scansnap-books-022

13.きれいに裁断できました。

scansnap-books-023

14.表紙も取り込むのであれば、ふつうのカッターで切っておきます。

小説を白黒でスキャン

雑誌や漫画と手順は同じですが…まずは原稿を下向き&裏向きにセットし、本体の青色のボタンを押してスキャンを開始します。

scansnap-books-024

セットした分のスキャンが終わるとウィンドウが表示されます。続きの原稿をセットして「継続読み取り」を選びます。

scansnap-books-2-007

最後の原稿をセット!

scansnap-books-025

最後なので「読み取り終了」を押します。

scansnap-books-2-008

ファイル名をつけて保存します。

scansnap-books-2-009

表紙をカラーでスキャン

カラーで読み取りますので設定を変更します。雑誌用の設定を使っちゃいます。

scansnap-books-2-012

読み取り終了し、保存します。

scansnap-books-2-013

中身のファイルと結合したら捨ててしまうので、ファイル名はなんでもいいのです。

scansnap-books-2-014

先ほど保存した中身のほうのファイルをMacの「プレビュー」アプリで開き、サムネイルを表示させます。

scansnap-books-2-010
scansnap-books-2-011

1ページ目のサムネイルの上に、表紙のファイルをドラッグします。

scansnap-books-2-015

これで完成です!

scansnap-books-2-016

読み取りモードを変え、画質・スキャン速度・ファイルサイズを比較

ScanSnapの読み取りモードは「ノーマル・ファイン・スーパーファイン・エクセレント」の4種類があります。

漫画や雑誌は「スーパーファイン」(2番目に綺麗なモード)で間違いないかなあと思っているのですが、小説の場合はちょっと迷ってしまいます。

今回、同じ本をこの4種類のモードでスキャンし、見た目・スキャンの速さ・ファイルサイズを比較してみることにしました。文字の鮮明さなど、ご参考になれば幸いです。

ノーマル

読み取りモード「ノーマル」でスキャンしたものがこちらです(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-027

文字を拡大した画像です(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-020

  • スキャンにかかった時間:約2分40秒
  • ファイルサイズ:10.5MB

ファイン

読み取りモード「ファイン」でスキャンしたものがこちらです(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-023

文字を拡大した画像です(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-019

  • スキャンにかかった時間:約2分42秒
  • ファイルサイズ:15.1 MB

スーパーファイン

読み取りモード「スーパーファイン」でスキャンしたものがこちらです(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-026

文字を拡大した画像です(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-021

  • スキャンにかかった時間:約2分43秒
  • ファイルサイズ:23.2 MB

エクセレント

読み取りモード「エクセレント」でスキャンしたものがこちらです(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-025

文字を拡大した画像です(クリックで別ウィンドウ表示)。

scansnap-books-2-018

  • スキャンにかかった時間:約9分55秒
  • ファイルサイズ:57.2 MB

なお、エクセレントでスキャンしようとすると、このような注意が表示されます。

scansnap-books-2-017

比較してみた結果

  • ノーマルファインでは、スキャン速度もファイルサイズもそれほど変わりません。
    その割に見た目にはけっこうな違いがありましたので、ノーマルは選択肢から外れました。
  • ファインスーパーファインでは、スキャン速度はほぼかわりませんが、ファイルサイズの違いはやや大きいかなと感じました。保存するファイル数が増えればこの影響は大きいかと。
    見た目はたしかに綺麗なのですが、このくらいの差であれば、よりファイルサイズの小さいファインでもいいかなあと思っています(でも迷いどころ)。
    どうしても綺麗にとっておきたい小説はスーパーファインにするなどしても良いかも。
  • エクセレントは、スキャンの遅さもファイルサイズも段違いです。見た目、とっても綺麗ですが、小説には使わなくていいかなと感じました。

そんなわけで、しばらくの間、小説は「ファイン」でスキャンすることにします。

おまけ:ハードカバーの小説もスキャン

IMG_0989

分厚いハードカバーの裁断に挑戦します!

IMG_0994

表紙をていねいにはがしました。

IMG_0995

中身を裂くのはさぞかし大変だろうと思っていたのですが…こんなふうに薄い冊子がたくさんくっついているのですね。おかげでかんたんに作業できました。

IMG_0996

でも大雑把にびりびりやりすぎると、こうなります。

IMG_0998

分量があるのでロータリーカッターでの裁断では少し時間かかりますね。

IMG_1001

この中表紙もスキャンしたいなと思い、カッターで切っておいたのですが…

IMG_1014

さすがに無理でした。

damedeshita

ここまで分厚いものはスキャンできないようです。

今日までに自炊した冊数

雑誌3冊、漫画13冊、小説2冊で合計18冊!