ScanSnap iX500で自炊!準備&雑誌をスキャン

scansnap-jisui-magazine
Update

ついにScanSnap iX500を購入しましたので、本の自炊をはじめます!まずは準備と雑誌のお試しスキャン編です。

なお、裁断機は使わずロータリーカッターで裁断します。

用意したもの

  • ScanSnap iX500
  • OLFA ロータリーカッターLL型
  • OLFA カッターマット A3サイズ
  • ふつうのカッター
  • シンワ アル助ゴム付(アルミ製の滑り止めつき定規)
  • 手袋
  • スキャンする雑誌

ScanSnapを開封

01 scansnap open 300x225

1.購入したScanSnap iX500、ロータリーカッター、カッターマット、アルミ製定規です。

02 scansnap open 300x225

2.スキャナーをはこから出します。ケーブル類とセットアップ用のDVD、Adobe Acrobatなどなどが入っています。
スタートアップガイド(薄い説明書)を見ながら、テープや緩衝材を外しました。

03 scansnap and macbookair 300x225

3.MacBook Airと並べてみたところです。かなりコンパクトですね。

インストール

さっそくScanSnapをパソコンにインストールします。セットアップDVDを入れるとこの画面が立ち上がりますので、ScanSnapボタンを押します。

01 scansnap install 600x383

インストール先は特に変更しませんでした。インストールボタンを押します。

02 scansnap install 600x451

ScanSnapをパソコンに接続する方法が表示されます。

03 scansnap connect 600x430

説明の通りに接続しました!

04 scansnap cable

給紙カバーを開くよう説明が出ます。

04 scansnap connect 600x420

ちゃんと青色にひかっていますね!

05 scansnap lamp

パソコンとの接続が完了しました。ハートマークがかわいい。

05 scansnap connect 600x419

モバイル機器との無線LAN接続の設定は、後で行うことにしました。しばらくはデータをパソコンに保存するつもりなので。

06 scansnap lan setting 600x346

少し待ってインストール完了です!

07 scansnap linstall finish 600x444

なお、スクリーンショットを撮り忘れてしまいましたが、ファームウェアアップデートの画面が表示されましたので、画面の指示に従ってアップデートを行いました。

雑誌の裁断

それでは、はじめての裁断に挑戦です!

06 scansnap magazine 300x225

1.自炊第一号に選んだのは、愛読雑誌クウネル。

07 scansnap magazine separate 300x225

2.まず、表紙と裏表紙をはがしました。

08 scansnap magazine separate 300x225

3.このくらいの厚さならいちどに全部裁断することもできそうですが…本を裂く練習ということで、こんなふうにみっつに分けてみました。手でかんたんに裂けます!

09 scansnap magazine cut 300x225

4.ロータリーカッターを使います。黒いカバーを下げるとカッターの刃があらわれます。手を切ってしまわないように、手袋をしました。

11 scansnap rotary cutter 300x225

5.雑誌ののりしろ部分(背表紙)から1cmくらいのところに定規をあて、ロータリーカッターをゆっくり5往復くらいさせます。失敗もなくきれいに切れました!

10 scansnap rotary cutter 300x225

6.いちど裁断がおわったら、その都度黒いカバーを押し上げてカッターの刃をしまいましょう!こわいので!

さいごに、表紙と裏表紙の余分なところ(背表紙やのりがくっついているところ)をふつうのカッターで切り落としておきました。

設定(雑誌の自炊用)

ScanSnap Managerにて、雑誌をスキャンするための読み取り設定を行います。

スキャンしたファイルを開くアプリケーションを選びます。わたしはMacの「プレビュー」を選びました。Evernoteなどにデータを保存する場合もここで設定します。

08 scansnap manager setting app 600x486

スキャンしたデータを保存する場所を選びます。「読み取り後、ファイル名を変更します」にチェックを入れておくと、スキャン後にファイル名を入力するウィンドウが出ます。ここはおこのみで。

巻数の多い漫画などを続けてスキャンするなら「ファイル名の設定」をしておくと便利かもしれません。

09 scansnap manager setting save 600x490

読み取りモードの設定です。画質は、多くの方がおすすめしている「スーパーファイン」を選択しました。十分に綺麗ですし、スキャンの速さもちょうどよかったので、今後もこれでいきます。

雑誌をスキャンするための設定ですので、もちろんカラー・両面読み取りです。

「原稿の向き~」のチェックは外しました。「継続読み取り」には忘れずチェックを入れます。

10 scansnap manager mode 600x491

さいごに「読み取り設定」から新規作成を選び、好きな名前をつけ、これらの設定を保存しておきます(設定は複数保存しておくことができます)。スキャンのたびに設定し直さなくて良いので便利ですね。

11 scansnap manager mode new 600x486

なお「ファイル形式」はすべてPDFにしています。「検索可能なPDFにします」(オプション:全ページ)にもチェックを入れ、必要なときにファイル内の文字を検索できるようにしておきました。スクリーンショット撮り忘れてしまいましたが…。

雑誌をスキャン

いよいよスキャンをはじめます!

12 scansnap magazine set 300x225

1.裁断した雑誌の半分をスキャナーにセットします。いちどにセットできる枚数の目安は50枚とのこと。

写真のように、原稿を下向き&裏向きに置きます。

13 scansnap magazine set 300x225

2.こんなふうに、差し込みトレイの側面に表紙(原稿の最初のページ)が下向きにくっつくように置くのです。

14 scansnap magazine set 300x225

3.原稿セット完了!

16 scansnap magazine set 300x225

4.下側の排紙トレーを出し忘れていました。スキャン済みの原稿がばらばらにならないよう、出しておきます。

5.本体の青く光るボタンを押すとさっそくスキャンがはじまります。

スキャンが終わると下のようなウィンドウが出ます。残り半分の原稿をセットして「継続読み取り」を押します。

12 scansnap scanning 600x296

6.あとちょっと!

15 scansnap magazine set

7.先ほどと同じウィンドウが表示されます。もう原稿がありませんので、こんどは「読み取り終了」を押し、ファイル名を付けて完了です!

13 scansnap scanning 600x257

iBookで読んでみる!

PDFを読むためのアプリはたくさんありますが…ひとまずiBooksで読んでみることにします。

IMG 0914

表紙はばっちりです。

IMG 0915

ページをめくって拡大してみたところ。きれい!

IMG 0918

さいごに

設定も裁断も難しいところは特になく、とってもスムーズに作業することができました!

また、今回スキャンした雑誌は表紙と裏表紙・つるつるの薄い紙・ざらざらなやや厚めな紙が混ざっていまるものでたが、三冊をスキャンする間、エラーや重送はいちども起きませんでした。

IMG 0919

これから部屋中の雑誌・本・漫画をどんどんスキャンしていきます!自炊生活スタートです♡