「Instant WordPress」で、ものすごく簡単にWordPressのローカル環境を構築しました!

photo credit: itselea via photopin cc
photo credit: itselea via photopin cc
Update Web制作メモ >

ずっとさぼっていた「ローカル環境」づくり、やってみたらものすごく簡単にできました!Windowsユーザーさんにおすすめのソフト「Instant WordPress」のインストールから各種設定についてのメモを残します。

「Instant WordPress」をインストールしました

先日のエントリーでもちょこっとご紹介した以下の記事を参考に、「Instant WordPress」というソフトをWindowsマシーンにインストールしました。

こちらの記事でも手順の解説をされています。

Instant WordPress」のサイトからインストーラーをダウンロードし、好きな場所にインストールします。

instant wordpress install 1 300x233

あっという間に終わります!

instant wordpress install 2 300x234

これだけで、自分のパソコンにWordPressとWordPressを動かすのに必要な環境がさくっと整ってしまいます!

起動する前の準備について

ソフトを起動する前にやっておいたことのメモです。

起動する前に、WordPress公式サイトから最新バージョンをダウンロードして、差し替えました

インストールした「Instant WordPress」には既にWordPress本体が含まれていますが、WordPress日本語ローカルサイトから最新のWordPress 日本語版(今は3.5.1です)をダウンロードして差し替えました。本体は念のため、公式からダウンロードしたほうがいいかなと思います。

ダウンロードして解凍すると「wordPress」というフォルダーができあがりますので、「InstantWP_4.3」→「iwpserver」→「htdocs」内の「wordpress」フォルダと差し替えます。

instant wordpress install 6 wp update 600x292

「wp-config.php」を用意しました

最新のWordPress日本語版には「wp-config.php」というファイルが入っていません。これがないまま「Instant WordPress」を起動してもWordPressのダッシュボードにアクセスできませんので、用意します。

同梱の「readme.html」を開くと、「wp-config.php」の用意の仕方について、このように書いてあります。

wp-config-sample.php を開き、データベースの接続情報を記入してください。

そこで、元々「Instant WordPress」に入っていた「wp-config.php」を見ながら、「wordpress」フォルダに入っている「wp-config-sample.php」をテキストエディタで開き、以下のように書き換えました。

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '');

書き換えたら、ファイル名を「wp-config-sample.php」から「wp-config.php」に変更して保存します。

日本語化はしなくて大丈夫でした

インストールにあたり参考にしたいくつかの記事には、WordPressの管理画面を日本語化する方法が載っていましたが、WordPress3.5.1の「wp-config.php」(先ほど一部書き換えたファイル)には既に日本語化に必要な情報が書かれていますので、何もしなくて大丈夫でした。

「Instant WordPress」から開かれるブラウザを変更しました。

参考記事のとおりにブラウザを変更しました(Google Chromeに)。

いよいよ「Instant WordPress」を起動!

できあがったフォルダーの中にある人のかたちのアイコンから起動します。

instant wordpress install 3 folder instant wordpress install 4 shortcut 300x152

下の画像の「WordPress Admin」からダッシュボードにアクセスします。

instant wordpress install 5 startup 600x451

ユーザー名は「admin」、パスワードは「password」です。

instant wordpress install 8 login 300x275

データベースの更新についての画面が表示されましたが、ボタンをぽんぽん押して進むとすぐ終わりました。

instant wordpress install 9 datebase update 300x113 instant wordpress install 10 datebase update 2 300x93

いつものダッシュボードです。

instant wordpress install 11 dashboard 600x315

既にいくつかの記事が投稿されています。「サイトを表示」させてみました。

instant wordpress install 12 site 300x225

「Twenty Twelve」はやっぱりかっこいいなあ…。

instant wordpress install 14 site 2 600x311

あとは自由にカスタマイズ!

これで心置きなくテーマをあれこれできます。がんばる!

追記:もう少し本格的にローカル環境を構築しました。